3日間で資産が300万以上減少した

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-GAK_arupakapunpun-thumb-1000xauto-15499

中国の人民元切り下げに端を発した世界同時株安が発生しています。

僕の資産もかつてない勢いで減少しています。

世界同時株安で資産が300万円以上減少した

インデックス投資は、市場に留まり続けてリスクを真正面から受け止める投資方法なので、当然のことながら僕の資産も大幅に減少しています。

8月21日からの3営業日で資産が300万円以上減少したのです。

前月末と比較するとおよそ350万円の減少です。

2015年7月末の資産額
いやー本当に暑いですね。 少し外を歩くだけで健康を害するレベルです。 こんな気候の中でサッカーをしている選手の体力には驚...

前年末の残高も下回ってしまいました。

僕は、インデックス投資を始めたのが2007年8月なのでリーマンショックと東日本大震災も経験していますが、当時は資産が今とは比べ物にならない位少なかったので金額で考えると、個人的にこれ程の資産の減少は初めての体験です。

資産は減少しているのですが、特に不安になったりすることはありません。

むしろ安く仕込めるチャンスとしか思えないのです。

自分の決めたルールに従って運用するだけ

インデックス投資において、一番重要なのはアセット・アロケーションです。

アセット・アロケーションにより運用成果の9割が決まるといわれています。

アセット・アロケーションにおいて一番重要なのは、無リスク資産とリスク資産の比率です。

この比率を一定の範囲で保つことにより、リスクをある程度コントロールするのです。

今回の暴落によりリスク資産の比率が低くなりすぎてしまったら、リスク資産への追加投資やリバランスを行うだけです。

自分の決めたルールに基づいて、淡々と実行するのです。

市場は予測不能であると改めて実感する

今回の暴落で改めて実感したのは、市場は予測不能だということです。

ここ数日の、TOPIXや上海総合、NYダウの動きを見ても何故こんなに乱高下するのかさっぱり解りません。

たまに、日経新聞などで、為替や株価のレンジを予想していますが、今回の暴落を予想していた人を知りません。

常に、為替や株価のことを考えている専門家が解らないのに、僕のような素人が為替や株価の動向が解るわけないのです。

僕みたいな素人が、市場平均に近いリターンを得られるのがインデックス投資です。

しかも、自分が許容できるリスクの範囲内でアセット・アロケーションを決定することにより、今回のような暴落が起こっても特に不安になることもありません。

ネット上では今回の暴落で、資産が数千万円以上吹っ飛んだ人たちの情報が溢れています。

リスクの高い投資をする理由があるのだとは思いますが、自分のリスク許容度を超えた投資をすると身を亡ぼす可能性が高いです。

例え実際に資産が減少しなくても、過度なプレッシャーは体を確実に蝕みます。

特にレバレッジを利かせた投資は、素人が手を出すべきではないと考えます。

資産が一気にマイナスになったら、生きていく気力さえなくなってしまう危険性さえあります。

死兆星が見えそうな投資などするべきではないのです。

投資方法はいろいろあると思いますが、自分が許容できるリスクの範囲内で投資することが大切です。

ではでは。

コメント

  1. 私も市場は予測不能だと思っています。
    この暴落で少し買い足してしまいましたが、それも必要あったかどうか微妙ですね。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    市場の動きは本当に解りません。

    毎月定期的に積み立てていく方法が改めて良いと感じています。