不動産投資はリート(REIT)で充分

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSU88_toukyounokousouyakei-thumb-1000xauto-18149

現物不動産投資はリスクが高すぎる

数年前から現物不動産への投資を進めるセミナーや本がやたらと目につきます。

僕も、一時期は現物不動産投資に興味があり、不動産投資に関する本を読んだりしてました。

しかし、不動産投資に関して勉強すればするほど、現物不動産投資はリスクが高すぎると考えるようになりました。

不動産投資は、通常借入を伴うので、レバレッジをかけて投資することになります。

賃料収入で借入金を返済出来ているうちはいいのですが、何らかの事情で返済出来なくなり売却せざるを得ない時に不動産価額が下落していると、投下資本以上の損失を被る可能性があります。

また、現物不動産投資をするとポートフォリオの大部分がを現物不動産が占めることになります。

つまり卵を一つの籠に盛ることになるのです。

また、現物不動産の市場は極めて閉鎖的です。

不動産会社としても掘り出し物の物件があれば、日頃から付き合いのある地主等に紹介するか、自社で購入するはずです。

資金力の乏しい零細個人投資家が不動産市場で優良な物件に投資出来る可能性は高くはないでしょう。

更に日本は急速な少子高齢化で人口が劇的に減少します。

空き家の増加が問題となっており、不動産の価額は大幅に下落する可能性が高いです。

それらに加えて、地震などの天変地異が発生するリスクや流動性リスクもありますし、管理のコストや手間もかかってしまいます。

不動産投資はREITで十分

これだけ不動産投資はリスクが高いと言っておきながら、僕は不動産投資をしています。

もっとも不動産投資といっても現物不動産ではなく、REITで不動産投資をしています。

より厳密にはREITに直接投資するのではなく、REITに投資をする投資信託を購入することにより、間接的に不動産投資をしています。

具体的には、「ニッセイJリートインデックスファンド」や「ニッセイグローバルリートインデックスファンド」といった投資信託により投資しています。

REITを通じで不動産投資をすると、現物不動産投資に関するリスクの多くが解消されます。

また、REITは税制面で優遇されており、株式会社と異なり原則として法人税は課されません。
そのためは基本的に利益の全額を分配しています。

また、REITを通じて不動産投資をすれば、世界中の不動産に投資することができます。

僕が購入している「ニッセイグローバルリートインデックスファンド」では、先進国や新興国合わせて10以上の国の不動産に投資することができます。

もちろんREITにも相応のリスクはあります。

REITのマーケットは株式のマーケットと比べて比較にならない程小さいので、価格の変動リスクは高いです。

また、日本の物件は東京に集中しているので、東京で関東大震災レベルの地震が起きてしまったら目も当てられない事態になることが予想されます。

このようなリスクがあるものの、現物不動産に比べてリスクが低いため、ポートフォリオの一部としてREITに投資をしています。

最後に、僕は現物不動産に投資してはいませんが、現物不動産投資を否定する気はありません。

現物不動産には、レバレッジを大きく掛けられるという大きなメリットがあるので、少ない資金で大きなリターンを得る有効な手段だと思います。

ハイリスク・ハイリターンの投資ですが、僕にはそのリスクをとることが出来ないだけです。

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

コメント

  1. 私も全く同意見です。
    そしてREITを購入しているところまで同じです。
    不動産投資の利回りは魅力なので、多少手数料を投信に取られても、そのほうがリスクを最小限にしてリターンをそこそこ取れるんですよね。
    現物不動産投資をしていいのは余程の不動産好きで研究熱心でそれに生きがいを感じる人くらいだと思っています。中途半端な気持ちで手を出すものじゃないですね。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    現物不動産投資も魅力的ではあるのですが、リスクが高すぎますよね。

    管理に時間も取られますし、素人にはなかなか手が出ないです。