2015年11月の積立投資(積立開始から100ヶ月連続の積立達成!!)

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-HIRA78_nezuminoomocyatomesuneko-thumb-1000xauto-15787

2015年11月の積立投資

僕は2007年8月からインデックス積立投資を開始しているので、2015年11月で積立を開始して100ヶ月目となります。

今月の積立投資は以下のとおりです。

ファンド名口座金額
ニッセイ外国株式インデックスファンド特定100,000円
Funds-i 新興国株式特定50,000円
ニッセイグローバルリートインデックスファンド特定10,000円
ニッセイ国内債券インデックスファンド特定100,000円
合計260,000円

記念すべき積立開始から100ヶ月目!!

今月の積立で、積立開始から100ヶ月連続での積立を達成しました。

100ヶ月と言えば8年4ヶ月です。

8年4ヶ月経てば、小1が中3になってしまいます。

我ながらよく飽きもせずに続けたと思います。誰も褒めてくれないので自分で自分を褒めてあげたいです。

こんなにも長期間1つのことを続けているのは、悲しいことに他には社畜ぐらいしか思い当たりません。

100ヶ月の間には、サブプライムショック、リーマンショック、ギリシャショック、東日本大震災、チャイナショック等の様々な原因により何度も暴落に見舞われましたが、一度も投資を止めようとは思いませんでした。

なぜなら、人間は欲深い生き物ですので資本主義の発展を信じていますし、株価がいずれ反発するのは歴史が証明しているからです。

積立投資を100ヶ月続けたことにより、資産額も4,400万円程度になり、早期リタイアという目標に少し近づけました。

2015年10月末の資産額(積立開始から99ヶ月経過) 前月末比プラス262万円
昨日は注目の日銀金融政策決定会合がありましたが、期待されていた追加緩和は実施されませんでした。 インフレ率が目標に達し...
僕がセミリタイアを目指す理由
学生時代から怠け者だった 僕は生来の怠け者です。 学生時代は部活に打ち込むわけでもなく、かといって勉強に精を出してもいませんでし...

インデックス投資の環境は劇的に変わった

僕が積立を始めた当初は、SMT(旧STAM)シリーズもeMAXISシリーズもありませんでした。

SMT(旧STAM)シリーズやeMAXISシリーズが世に出た時は小躍りして喜んだものです。

それが今では両シリーズともコスト競争力を失いつつあるのは少し寂しい気持ちもあります。

栄枯盛衰、諸行無常です。

積立を始めた当初は先進国株式クラスは、「PRU海外株式マーケット・パフォーマー」を購入していたのですが、その信託報酬は0.8%(税抜)でした。

それが今では「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の信託報酬は0.24%(税抜)となっており、なんと信託報酬が7割も低下しているのです。

ありがとう、そして、さようなら
最近投資を始めた方はご存じないかと思いますが、その昔、投信スーパーセンターという会社がありました。 投信スーパーセンタ...

また、積立を始めた当初は新興国株式クラスのインデックス投資信託もなかった気がします。

少なくとも購入に値するものありませんでしたが、

それが、SMT(旧STAM)シリーズやeMAXISシリーズの登場で、そこそこのコストで投資できるようになりました。

現時点では、何故か新興国株式クラスのインデックス投資信託だけが信託報酬が高止まりしているので更なる信託報酬の引下げを期待したいですが、これも時間の問題のような気がします。

本当にインデックス投資家にとって良い時代になったものです。

いつまで積立を続けられるか分かりませんが、取り敢えずは今のペースで120ヶ月目(10年)まで積立を続けることを当面の目標にします。

ではでは。

コメント

  1. 100ヶ月ですかあ、すごいなあ。
    僕は個別株中心の運用からインデックスに以降したのがまだ2年くらい前ですから、若輩者ですね。
    といっても市場にはITバブル崩壊やリーマンショックのころにも個別株でいましたから、相場の経験はしていましたけどね。

    新興国株クラスへの投資ですが、iシェアーズのETF(1582)でやろうと思っています、信託報酬がなんと0.18です。
    ETFは売買手数料が痛いですが、松井証券の10万円以下は手数料無料を利用します。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    信託報酬0.18は魅力的ですよね。

    iシェアーズETFは確か分配金の軽減税率適用が出来るから更にお得度が増してる気がします。