好況よし、不況なおよし

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_kimochiinuko-thumb-1000xauto-12632

17日のFOMCで利上げが決定されるか注目されていましたが、結局現状維持でした。

利上げを急いで失敗した日銀の二の舞は避けたいのだと思います。

好況よし、不況なおよし

「好況よし、不況なおよし」という言葉を知っていますでしょうか。

これは、経営の神様の異名をもつ松下幸之助さんの言葉です。

松下幸之助さんといえば、言わずと知れた名経営者で、一代で松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)を築き上げた人物です。

「好況よし、不況なおよし」とは、好況は当然良いとして、不況は経営の体質を強化する絶好の機会であり、不況こそ何が正しいか考える好機という意味合いです。

好況時には多少の問題があっても、業績が良いため問題点が覆い隠されてその解決がなされないことが多いです。

しかし、不況時には隠されていた問題点が噴出し、その対応に追われてしまうことになりますが、その問題点を解決することにより、企業の実力が高められます。

「好況よし、不況なおよし」は、経営についての言葉ですが、この考え方はインデックス積立投資にも通ずると考えます。

上がってよし、下がってなおよし

「好況よし、不況なおよし」を投資家の視点で言い換えると「上がってよし、下がってなおよし」になると思います。

株価が上がれば資産額が増えるので、投資家としては好ましい状況です。

これに対して、株価が下がれば資産額が減少するので、一見好ましい状況とは言えません。

しかし、株価が下がればインデックス積立投資では、安い価格で購入することが出来るので、むしろ好ましい状況とも考えられます。

また、株価が下がったことにより、自分の許容できるリスクを実感することが出来るので、自分にとって適切な資産配分が判明するかも知れません。

自分の許容できるリスクについては、投資を始める前に考えるべきですが、実際に資産額の減少に直面して初めて自分の許容できるリスクが解るということもあります。

インデックス積立投資はやることは変わらない

結局のところ、インデックス積立投資ではやることは変わりません。

株価が上がっても下がっても、金利が上がっても下がっても定期的に積立を行うだけです。

それに加えて、必要に応じて資産配分を見直したり、リバランスをするのです。

インデックス投資で一番大切なことは、市場から退場しないことです。

市場から退場してしまえば、当然のことながら株価が上がっても、そのリターンは得られません。

今回のチャイナショックで、自分の許容できるリスクを超えていると感じた人は、リスク資産を減らした方が良いと考えられます。

リスクを取り過ぎて市場から退場することは避けなければならないのです。

株価下落は資産配分の見直しの絶好の機会だと思います。

「上がってよし、下がってなおよし」です。

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

コメント

  1. インデックス投資にしてから相場が気にならなくなりました。
    なんせ定期的に買うだけなので。
    下がってもほんとに鈍感になりました。
    長期的には株式市場は伸びていくと思っているのでね。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    いちいち相場を気にしていたら体がもちません。

    外野にいる気分で相場を見るくらいがちょうどいいのかも知れません。