インデックス投資を始めた理由

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MJ893_saikorohuru15131242-thumb-1000xauto-18415

投資を始めた理由

前回の投稿にも書きましたが、僕が投資を始めたのはリーマンショックの少し前の2007年8月です。

その頃は景気が良かったため、仕事も多く残業続きだったため、肉体的にも精神的にも辛くなり、仕事を辞めたいという思いが少しずつ大きくなっていきました。

しかし、生活するためにはお金が必要です。

今の仕事を辞めても、別の仕事をしなければならないのであれば、結局は同じです。

むしろ同じであればまだ良い方で、転職した結果、悪化する可能性の方が高いと思います。

この先も、一生こんな働き方をしなければならないと思うと暗い気分になりました。

そんなときに思い立ったのが、セミリタイア出来る程度の金額を貯めて仕事を辞めればいいということでした。

一生食うに困らないだけの金額を貯めること、すなわち完全リタイア出来るほどの金額を貯めることは極めて困難です。

しかし、退職後も多少は仕事をするセミリタイアなら必要な金額は少なくなるので出来ないことはないと考えたのです。

もちろん、セミリタイアするために必要な金額を貯めることも難しいことは変わりません。

貯めるだけで難しいなら、投資して増やすしかありません。

こうして、僕の投資生活が始まったのです。

インデックス投資にした理由

投資にもいろいろあります。

不動産・個別株・FX・金・ワイン・和牛・未公開株・アブラハム等それこそ無数にあります。

しかし、僕は迷わずインデックス投資を選択しました。

インデックス投資に決めた理由は、相当前に遡ります。

僕は、本当にダメな学生でした。
(この反省から子供にはなるべく、スポーツと勉強をさせたいと思います。)

しかし、そんな僕でも唯一興味があった授業がありました。

それが、経営学でした。

経営学といっても、経営管理ではなくいわゆるファイナンス論です。

もともと投資には興味があったので、投資に関連するファイナンス論に興味が出たのだと思います。

その授業では、以下のようなことを教わりました。
・分散投資をした方が同じリスクでより高いリターンが望めること
・分散投資を進めていくと市場全体に対する投資(マーケットポートフォリオ)になること。
・マーケットポートフォリオに投資することが最も効率的であること。
・リスクを調整するには、無リスク資産(国債)とマーケットポートフォリオの比率を変えること

この授業のことを覚えていたので、僕は迷わずインデックス投資を始めることにしたのです。

ただし、実際に投資を始める前に、インデックス投資の勉強をしなかったことは後悔しています。

インデックス投資を始めた当初から、目標アセット・アロケーションを決めておけば、もっと高いリターンを上げられていたでしょうし、現時点でリバランスに苦労しなかったでしょう。

これから、インデックス投資を始めれらる方は、是非一度自分で勉強することをお薦めします。

まあ、僕がこんなこと言わなくても、ほとんどの人は勉強してるとは思いますけど。

ではでは

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

コメント

  1. 最初からインデックスに絞ったというのがすごいですね。
    私は個別株で塩漬けをさんざん経験しながら、最近ようやくインデックスのみに絞ろうと思えるようになってきました。
    最初からインデックス投資していれば、今頃倍くらいの資産だったかも。。。
    しかも僕も経営学的な学問をやっていたので、これはもう自分の怠惰のせいとしか言いようがありません。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    個別株投資をしてみたい気持ちもあったのですが、その頃は仕事が忙しかったので銘柄をじっくり選定する時間がなかったのです。

    結果的には、インデックス投資オンリーで良かったと思いますが、暇になったら趣味の範囲内で個別株投資をしたいと思います。