チャリンチャリン投資。 iシェアーズ米国優先株式 ETF(PFF)を購入しました(リスクあり)

私はNISA口座の使い方を、高配当(高分配)の海外ETFを購入しチャリンチャリン収入を確保する方針に変更しました。

NISA口座でチャリンチャリン投資を始めます。海外ETFで分配金をゲットだぜ!
NYダウやS&P500で連日最高値が更新されるなど世界的な株高が続いています。 そのような状況下でここ最近NISAの使い方で悩...

そして、その方針に従い先日NISA口座で iシェアーズ米国優先株式 ETF(PFF)を購入しました。

 iシェアーズ米国優先株式 ETF(PFF)の概要

設定日:2007年3月26日

年間運営経費率:0.47%

ベンチマーク:S&P 米国優先株式インデックス

過去12ヶ月分配金利回り:5.67%(2017年2月28日時点)

iシェアーズ米国優先株式 ETF(PFF)は、その名のとおり米国の優先株に投資するETFです。

優先株の内容は様々ですが、その典型例として株主総会の議決権はないけれど、普通株よりも優先して配当を受け取る権利がある株式が挙げられます。

議決権がなく、普通株に優先して配当を受け取れるという優先株の性格から、優先株は株式よりも債券に近いとも言われています。

私が、iシェアーズ米国優先株式 ETF(PFF)に投資した決め手は、ずばり分配金利回りの高さです。

上述していますが、過去12ヶ月分配金利回りが5.67%となっています。

ちょっと日本では考えられないくらいの利回りです。

ただし、もちろんリスクはあります。

イケダハヤト尊師が言うところの(リスクあり)です。

(きちんと敬称を付けました)

特に大きなリスクは、投資している業界が偏っていることです。

金融業だけで投資比率が70%を超えており相場がクラッシュしたら急激に市場価格が下落する可能性があります。

実際にリーマンショックの時には、1年程度で市場価格が3分の1くらいになるまで急落しています。

とは言え市場価格が最安値を記録した1年後には今と同程度の水準まで戻っていますし、肝心の分配金も特に減少していません。

上記のことを勘案して、リスクはあるもののそれに見合ったリターンを受けられると判断しました。

iシェアーズ米国優先株式 ETF(PFF)の購入

SBI証券では海外ETFを購入するときに、円貨決済か外貨決済を選べます。

円貨決済では、為替手数料が片道で1ドルあたり25銭もかかってしまいます。

しかし、SBI証券のFXで買った建玉を「現引き」してドルを調達する方法だと為替手数料が片道で1ドル当たり僅か0.5銭に抑えられます。

ただし、この方法は最低単位が1万通貨(1万ドル)なので若干使いづらい点もあります。

(この他に、住信SBIネット銀行の外貨預金でドルを調達する方法もあります。為替手数料は、片道1ドル当たり15銭です。)

私の場合は、今年のNISA口座は iシェアーズ米国優先株式 ETF(PFF)で使い切る予定でしたので、迷わず為替手数料が安いFXでドルを調達しました。

しかし、この方法にも落とし穴がありました。

FXでドルを調達してから、買付余力に反映するまでタイムラグがあるのですが、その間に円高が進んでしまい為替手数料を節約した以上の損失が発生してしまいました。

そんなことがありつつも、3日間に分けて iシェアーズ米国優先株式 ETF(PFF)を以下のとおり購入しました。

銘柄ティッカー口数単価取得原価
iシェアーズ米国優先株式 ETFPFF26138.37 ドル10,014.68 ドル

購入金額が10,000ドルを超えているのは、BLVの分配金を再投資しているためです。

NISA口座で初めて海外ETFを購入。アメリカの長期債券に投資するBLVを購入しました
海外ETFは、投資を始めた当初から興味はあったのですが、手数料の高さや確定申告に手間がかかることから海外ETFの購入は見送ってきまし...

まだ、NISA口座の購入可能枠が45,000円くらいのこっているので、分配金を PFFに再投資する予定です。

ではでは。

コメント

  1. 5.67とはまたすさまじいですね。
    金融セクターが多いなら、逆に言えばクラッシュが来た時にたくさん買えばかなりの利回りになりそうですね。

    ところでそろそろうちも子供ができる可能性が高くなってきました。
    子供がいてのリタイアは大変でしょうね。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    おめでとうございます。
    リタイアしていれば子供の成長を間近で見れるのでその点はいいですね。

    ただフルタイムで働いていないと、住んでいる自治体にもよりますがおそらく認可保育園に入れるのは難しいと思います。
    認証保育所に入れるとか色々対策を考えた方が良いと思います。
    私の場合は生まれる前にいくつかの認証保育所に申し込みしました。