ジュニアNISAの概要。ジュニアNISAは制度の内容を理解して使用の要否を判断すべし

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-LISA78_naniittenda20141018102414-thumb-1000xauto-17982

2016年4月から取引が可能となるジュニアNISA口座の申し込みの受付が各金融機関で開始されました。

ジュニアNISAは、通常のNISAと比べて制度が少し複雑ですので制度の概要を説明したいと思います。

ジュニアNISAの概要

ジュニアNISAは、2016年4月から取引が可能となる未成年者少額投資非課税制度の愛称です。2014年から制度が開始されたNISAの未成年版です。

ジュニアNISAは、NISAの未成年版ですので同じところも多いですが、未成年が対象ですので当然異なるところもあります。

以下の表で相違点と共通点をまとめました。

NISAとジュニアNISAの相違点と共通点
 NISAジュニアNISA
対象者20歳以上19歳以下
払出制限なし18歳まで払出制限あり
金融機関変更可能不可
取引主体者本人親権者
非課税投資枠年120万円年80万円
非課税対象      上場株式、投資信託等
損益通算         損益通算不可
投資可能期間      2023年12月末まで(平成35年12月末まで)
非課税期間         最長5年

対象者、金融機関の変更の可否、取引主体者、非課税投資枠は、NISAとジュニアNISAでは違いがありますが特に理解が難しいことはないと思います。

問題となるのはジュニアNISAに払出制限がある点です。

ジュニアNISAは払出制限があるために制度が複雑になっているのです。

ジュニアNISAの払出制限とは、口座開設者が18歳になるまで(3月31日時点時点で18歳である年の1月1日以降)にジュニアNISA口座から払い出しを行う場合には、過去の利益に対して課税されジュニアNISA口座が廃止されるという制度です。(災害等のやむを得ない場合には、非課税での払出しが可能)

ジュニアNISA口座で売却した場合の売却代金はどうなる?

NISA口座では、NISA口座で購入した上場株式・ETF・REIT・株式投資信託等(以下、投資信託等とする。)を売却した場合の売却代金は一般の口座(一般口座・特定口座)に入金されます。

これに対して、払出制限があるジュニアNISA口座では、ジュニアNISA口座で購入した投資信託等を売却した場合の売却代金は「課税ジュニアNISA口座」に入金されます。

ジュニアNISAは売却益等が非課税になる制度なのに、何で「課税」なのかと思うかもしれませんが、ジュニアNISA口座で売却した時点で非課税になっています。

「課税ジュニアNISA口座」は、ジュニアNISA口座で投資信託等を売却した場合の売却代金が入金される一般の口座(一般口座・特定口座)と考えれば分かりやすいと思います。

なお、説明を簡素にするために売却益に絞って書きましたが、ジュニアNISA口座で保有している投資信託等の配当金(分配金)も「課税ジュニアNISA口座」に入金されます。(分配金再投資を選択した場合にはジュニアNISA口座の非課税枠の範囲内で再投資されます。)

「課税ジュニアNISA口座」に入金された資金でジュニアNISA口座の非課税枠の範囲内での投資信託等を購入することが可能です。

また、「課税ジュニアNISA口座」においても投資信託等を購入することが出来ますが、投資信託等を売却した場合には売却益に課税されます。

ジュニアNISAにはロールオーバー専用の非課税枠がある

NISA口座では、5年間の非課税期間終了時に保有する投資信託等は、時価120万円を上限に翌年設定される非課税投資枠へ繰り越すこと(ロールオーバー)ができます。

ジュニアNISA口座でも、5年間の非課税期間終了時に保有する投資信託等は、時価80万円を上限に翌年設定される非課税投資枠へ繰り越すこと(ロールオーバー)が出来るのは同じです。

しかし、ジュニアNISA口座で特徴的なのがロールオーバー専用の非課税枠があるところです。

NISAとジュニアNISAは共に投資可能期間は2023年までとなっていますので、現行制度では2024年以降は新規の非課税投資枠はありません。

そのため、NISA口座では2023年以降に5年間の非課税期間終了を迎えると当然ながらロールオーバーすることは出来ません。(特定口座等へ移換される)

これに対して、ジュニアNISA口座ではロールオーバー専用の非課税枠があることから、2023年以降に5年間の非課税期間終了を迎えても時価80万円を上限にロールオーバー出来るのです。

このロールオーバー専用の非課税枠は2024年から2028年までの各年に設定されています。

なお、ロールオーバー専用の非課税枠では当然ながら新規の取得は出来ません。

ジュニアNISAは、18歳までの払出制限があるため使い勝手が若干悪いですが、それでもいくつか使い道はあります。

次回は、ジュニアNISAの使い道とおすすめ金融機関について書きたいと思います。

ジュニアNISAの使い道とおすすめ金融機関。金融機関は変更出来ないので選択は慎重に!
今回は前回の続きでジュニアNISAの使い道とおすすめ金融機関について書きたいと思います。 ジュニアNISAの使い道...

ではでは。