投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017に投票しました

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017に投票しました。

なりすましによる投票を防ぐために投票後に必ず自分のブログにて投票しましたというエントリを公開することが求められていますので当エントリを公開します。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearとは?

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

(引用元:投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017)

毎年言ってますがこの趣旨は素晴らしいと思います。

やはり投資家にとって良いファンドと証券会社にとって良いファンドは違うことが多いので、投資家目線で本当に良いファンドを選ぶことには意義があると思います。

投票方法

投票者一人について5ポイントを持ち点とします。

この5ポイントを1つから5つまでのファンドに振り分けて投票します。

1つの投資信託に全ポイント投票することも出来ますし、複数のファンドに分散して投票することも出来ます。

投票資格

投票資格は「投信ブロガーであること」及び「2017年9月30日までにブログを開始していること」の両方の条件満たしている者に付与されます。

投票したファンドはこれだ!

投票したファンドを発表します。

投票したファンドはズバリ、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」です。

「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」に全5ポイントを投票しました。

「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、過去2度にわたり信託報酬を引き下げています。

2015年11月21日付 0.39%(税抜)⇒ 0.24%(税抜)

2016年11月18日付 0.24%(税抜)⇒ 0.20%(税抜)

ところが、「iFree 外国株式インデックス (為替ヘッジなし)」が2017年10月2日付で信託報酬を0.21%(税抜)から0.19%(税抜)に引き下げたため、先進国株式クラスで信託報酬最安という称号を譲り渡してしまいました。

しかし、ニッセイアセットマネジメントは自ら「インデックスファンドは徹底的にコストにこだわらないとだめなんです。」と表明している会社です。

そのため信託報酬最安という称号を取り戻すために三度信託報酬の引き下げを決めたのです。

2017年11月21日付 0.20%(税抜)⇒ 0.189%(税抜)

今回の信託報酬の引下げにより<購入・換金手数料なし>シリーズは、信託報酬最安という称号を再度奪還しました。

おそらく今後も信託報酬最安の称号を狙って数々の刺客が送り込まれてくると思いますが、その時はまた信託報酬を引き下げてくれるという期待も込めて全5ポイントを投票しました。

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事