女性管理職を増やすためには環境整備が欠かせない。政府や企業は数値目標より環境整備を推進すべき!

bsshiosio_dadf45

最近、女性の活躍を促進しようと政府が取り組んでいます。

今年の国会では「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が成立しており、2016年4月から施行されます。

また、自主的に女性管理職比率を引き上げようとしている会社も多いと思います。

女性管理職の増加は当然だ

誤解して欲しくはないのですが、僕は女性管理職が増えることに反対ではありません。

実際に働いていても、女性よりも男性の方が優秀とは思わないですし、むしろ確率的には女性の方が優秀な割合が多いと思います。

優秀な人は男性・女性に関係なく管理職に登用することは当然だと思います。

(話は逸れますが、一般の社員と管理職では求められる能力が違うと思うのですが、昇進の際にはその違いを考慮していない場合が多いと思うのは僕だけでしょうか。)

しかし、単純に女性管理職比率の数値目標を掲げて、その数値目標を達成するために女性管理職を増やすのは反対です。

そのような理由で、女性管理職比率を増やすのは弊害が大きいと思うのです。

単純な数値目標では弊害が多い

僕の勤めている会社も女性管理職比率を引き上げようとしています。

その結果どのようなことが起きたかというと、同僚からの評判があまり良くない女性が何故か管理職に昇進してしまったのです。

それも何人もの男性先輩社員をごぼう抜きしての昇進です。

当然のことですが、ごぼう抜きされた男性先輩社員達は面白くないですし、他の社員もモチベーションが下がってしまいます。

しばらくすると男性先輩社員達は、組織に愛想を尽かしてどんどん去って行きました。

また、管理職に昇進した女性も仕事をこなすことが出来ずに退職しました。

もちろん数値目標を掲げた会社が、全てこのようになるとは思いませんが、程度の差はあってもこのような現象がたくさん起きると思います。

数値目標より環境整備を優先するべき

女性管理職比率を増やすという目標は良いのですが、目標を達成するためには手段が必要です。

女性管理職比率を引き上げるのなら、女性管理職比率の高い国のように、環境整備をする必要があると思いますが、その議論が少ないような気がします。

具体的には、長時間労働の是正や男性社員の育児休暇の義務化が必要だと思います。

長時間労働が常態化している職場で、育児を理由として時短勤務や定時で帰る女性が管理職になり、深夜まで働いている男性社員が出世出来ないとなると、確実に不満が溜まってしまいます。

また、女性としても、長時間労働を前提とする管理職への昇進を望まない人も多いと思います。

長時間労働の是正や男性の育児休暇の取得については、政府が本気で取り組めば、ある程度の成果は直ぐに出ると思います。

問題は会社から多額の献金を受けている自民党が、会社のコストを増加させる政策を推進出来るかどうかだと思います。

長期的には、このような環境整備は優秀な人材を引き付けることになるので、企業の競争力を高めるものだと思います。

政府も企業も長期的な視野をもって、環境整備をして貰いたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

コメント

  1. 数字合わせで無理矢理増やしてもガタが来るのは目に見えてますね。
    日本は年功序列社会なので、一定年齢になったら誰でも昇進してしまうんですよね、だから無能な管理職が多いです。
    有能な人なら男でも女でも昇進すべきですね。
    男の家事参加も当然でしょうね、そこを放置しておいて女性活用もありえないでしょうから。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    無能な上司の下について部下は本当に悲惨です。

    有能な女性にはどんどん管理職になって欲しいです。