逃げ道は確保しておけ! 時には逃げるが勝ちの場合もある

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK75_torawaretarisu20131201133741-thumb-1000xauto-17642

今回のチャイナショックによる暴落で、回復することが困難なダメージを受けてしまった人もいると思います。

人生においても投資においても、回復することが難しいダメージ(精神的、肉体的、金銭的)を受けてしまうと、その後の人生を大きく左右してしまいます。

そのため、そのようなダメージを受けないようにする戦略が必要なのです。

逃げ道は必要だ!

人生は戦いの連続です。

しかも、その戦いは正しい方が勝つ訳ではありません。

また、時に理不尽な理由で勝敗が決まってしまいます。

そんな戦いに「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」

と果敢に立ち向かう運命(さだめ)の人は、倒れるまで戦い続ければいいと思います。

しかし、僕は「退く!媚びる!省みる!」を信条とする雑魚で、ガラスのハートの持ち主なので、一度深手を負ってしまうと、最悪の場合回復することが出来ないかもしれません。

しかし、僕にも家族がおり、そう簡単に致命傷を受ける訳にはいきません。

そこで、僕が考えた戦略が逃げ道を確保するということです。

逃げることは恥ずかしいことではない

逃げるというと何か卑怯なことであると感じる人がいるかもしれませんがそれは違います。

むしろ戦いにおいて、逃げ道を確保していない方が問題です。

常に、背水の陣で戦うことが戦略的に正しいと思う人は戦いに向いていません。

逃げることは恥ずかしいことでなく、自分や家族守るための最善の選択となることもある筈です。

実際に、逃げるかどうかは別にして逃げ道を確保することは大切なのです。

早期リタイアは究極の逃げ道

僕の逃げ道は早期リタイアです。

僕がセミリタイアを目指す理由
学生時代から怠け者だった 僕は生来の怠け者です。 学生時代は部活に打ち込むわけでもなく、かといって勉強に精を出してもいませんでし...

仕事を止めて逃げるためには、なんといってもお金が必要です。

お金を貯めるために節約を意識するようになり、投資も始めて逃げ道の確保に努めました。

その甲斐もあり、2015年7月末時点で4,500万円弱の資産を築くことが出来ました。

2015年7月末の資産額
いやー本当に暑いですね。 少し外を歩くだけで健康を害するレベルです。 こんな気候の中でサッカーをしている選手の体力には驚...

今回のチャイナショックで、資産が300万円以上減少してしまいましたが、それでも4,200万円弱の資産があります。

3日間で資産が300万以上減少した
中国の人民元切り下げに端を発した世界同時株安が発生しています。 僕の資産もかつてない勢いで減少しています。 ...

僕は2020年6月に退職する予定ですが、どうしても耐えられなくなったらその時点で辞めても良いと思っています。

幸いにして資産運用もうまくいっており、数年間働かなくても充分に生活していけるだけの貯えがあり、その間にじっくりと生活を立て直すことが出来ます。

つまり、逃げ道を確保しているのです。

逃げ道の確保が心の余裕を生む

このいざという時に逃げられるという精神的な余裕のあるなしの違いは大きいです。
この精神的な余裕があることによりストレスはかなり軽減されます。

また、逃げ道を確保しておくと、どうしても耐えられない場合には、ブラック企業からもパワハラ上司からも逃げることが出来るのです。

戦って勝つ自信があれば背水の陣で臨んでも良いと思いますが、ほとんどの人は逃げ道を確保するためにある程度の貯えをしておくことが大切です。

ではでは。