新興国債券クラスから撤退完了。果たして撤退までのリターンは?

bsHIRA85_udewonaperopero

以前に新興国債券クラスから撤退するという記事を書きましたが、先日無事に撤退が完了しました。

新興国債券クラスへの投資の成果

新興国債券クラスだけの投資の成果を見てもあまり意味はないかもしれませんが、せっかくなので新興国債券クラスへの投資の成果を公開します。

トータルリターン

取得原価:1,390,000円

売却価額:1,580,475円

分配金 :             0円

トータルリターン:   190,475円、+13.7%

複利計算に基づく投資収益率

新興国債券クラスへは、2010年から2011年にかけて積立をし、その後2012年に一部売却し、残りは2015年に売却しています。

エクセルを使ってすこし簡便的に複利計算に基づく投資収益率を計算してみました。

複利計算に基づく投資収益率:3.4%

投資結果の総括

一言でいうと可もなく不可もなくだと思います。

トータルリターンが+13.7%なので、一見するとそこそこ儲かっているようにも見えますが、投資期間が約4年であるため、複利で計算するとリターンは年率3.4%に過ぎません。

新興国の為替リスクと金利上昇リスクを考えると年率3.4%程度では高いリターンとは言えません。

とは言え、最低限のリターンは確保出来ていると思うので可もなく不可もなくという自己評価です。

再投資するアセットクラスの変更

新興国債券クラスへからの撤退を完了したのですが、以前の方針から変更があります。

新興国債券クラスから撤退。株式比率を高めるのだ!
今週も株式市場は不安定ですね。 なんであんなに乱高下するかさっぱり解りません。 そんな中、僕は市場の混乱に身を委ねながら...

当初は新興国債券クラスから撤退し、その売却資金で海外株式クラスを購入し海外株式クラスの比率を高める予定でした。

その予定だったのですが、いろいろ思うところがあり1ヶ月くらい悩みましたが、途中で方針を変更して国内債券クラスの比率を増やすことに変更しました。

この経緯については、後日別記事にします。

追記

国内債券クラスの比率を増やす理由を記事にしました。

目標アセットアロケーションの変更。国内債券クラスの比率を高めます。果たしてその理由とは?
先月でインデックス投資信託の積立開始から100ヶ月が経過しました。 100ヶ月の節目ということで、考えた末に目標アセッ...

ではでは。