子供の教育資金を確保するために学資保険は入った方がいいの?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PAK95_anjyutukamaru-thumb-1000xauto-15702

子供を育てるにはお金がかかります。

特に将来の学費について心配する親が多いと思います。

学費が一段と高くなる大学の学費に絞っても、一番安い国公立大学で平均511万円、一番高い私立理系で平均788万円にもなります。

更に、親元を離れて一人暮らしをするとなると、金額が数百万円跳ね上がります。

子供の教育資金を確保するための代表的な方法が学資保険に加入することです。

我が家も学資保険に入った方がいいのか検討したので、その内容を書きたいと思います。

学資保険のメリット・デメリット

まずは、学資保険の代表的なメリットとデメリットを簡単に見ていきたいと思います。

メリット

1.強制的に貯蓄できる

保険会社に保険料を払わなければいけないので、学資保険に加入すると強制的に貯蓄することが出来ます。

2.親の死亡リスクに備えられる

契約者である親が死亡した場合は、それ以降の保険料の支払いが免除になる契約が多い。

3.税金が安くなる場合がある。

学資保険の保険料は、生命保険料控除の対象なので所得税及び住民税が安くなる場合がある。

デメリット

1.インフレに弱い

インフレにより物価が高くなると実質的な価値がほとんど増えなかったり、場合によっては実質的な価値が減少することもある。

2.保険会社の破綻リスクがある

保険会社が破綻しても保険金はゼロにはなりませんが、契約どおりの保険金は受け取れない可能性が高いです。

メリットとデメリットを自分の状況に当てはめて判断する

次に、上記のメリットとデメリットを自分の状況に当てはめて、メリットとデメリットのどちらが大きいかを考えたいと思います。

まず、メリットについて見ていきたいと思います。

1.強制的に貯蓄できるは、自分で投資信託の積立を継続出来ているので、あまりメリットにはなりません。

2015年7月の積立投資(積立開始96ヶ月目)
今日みたいな酷暑の日は、引き籠ってブログやスポーツ観戦するに限ります。 それにしても、こんなに暑い日が続くと東京オリンピックが...

2.親の死亡リスクに備えられるは、生命保険に加入しており生命保険でカバー出来ているためあまりメリットにはなりません。

本当は、生命保険もいらないと思っていますが、諸事情により生命保険に入っています。

3.税金が安くなる場合があるは、先程書きましたが生命保険に加入しており、保険料の支払いが生命保険料控除の上限額に達しているため特にメリットにはなりません。

次に、デメリットを見ていきたいと思います。

1.インフレに弱いは、一番大きなデメリットだと思います。

学資保険の返戻率はせいぜい110%程度です。

すなわち、保険料として払い込んだ金額の1.1倍程度しか返ってこないということです。

これでは、日銀が目標にしている2%程度のインフレが起きると実質的な価値が目減りする可能性が高いです。

2.保険会社の破綻リスクがあるは、評価が難しいところです。

保険会社が十数年以内に破綻する可能性はあまり高くないとは思います。

しかし、過去に破綻した保険会社があるのも事実です。

また、破綻した場合の影響は甚大です。

いわゆるテールリスクです。

個人的には、投資で充分にリスクをとっているので、これ以上のリスクはとりたくないです。

学資保険は必要ない

ここまで書けばわかると思いますが、我が家には学資保険は必要ないと判断しました。

個人的には、自分で積立貯金が出来る人は学資保険に入る必要性はあまりないと思います。

ただし、生命保険に入っていない人は、生命保険料控除の上限額ギリギリぐらいの保険料で入るのは、経済的に合理性があると思います。

結局は、各家庭の状況や考え方によりますので、各家庭で学資保険への加入の必要性を検討することをおすすめします。

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事