保育園の避難訓練は過酷なのだ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-ANJ86_tukuenoshita20141115104929-thumb-1000xauto-17963

日本は地震列島です。

世界で起こる地震の約1割が日本で起こっているといわれています。

日本の国土の面積を考えると驚異的な高確率です。

また、僕は東京のはずれに住んでいるのですが、1923年の関東大震災クラスの首都直下型地震が30年以内に70%の確率で起きるといわれています。

明日、関東大震災クラスの地震が起こっても何も不思議ではないのです。

当然のことながら地震への対策は限界がありますが、何も対策をしない訳にはいきません。

その対策の一つが避難訓練です。

いざというときにどのように行動すべきかを確認することはとても重要です。

そのため、学校でも職場でも毎年避難訓練を実施するのです。

保育園の避難訓練

僕の息子は保育園に通っているのですが、最近保育園から避難訓練のお知らせをいただきました。

保育園の避難訓練は親も参加するのですが、地震が起きたときに保育園と親がどのように行動すべきかを確認しておくことはとても良いことだと思います。

有給が取れる日であれば、僕も参加しようと気軽に思っていました。

しかし、僕の認識はマルセイバターサンド並に甘かったのです。

保育園からの避難訓練のお知らせをよく読むと恐ろしいことが書いてありました。

なんと、「保護者の方は職場から保育園まで徒歩で来てください」と書いてあったのです。

思わず3回も読み直してしまいました。

この鬼指令の趣旨を推察すると、地震が実際に起きたら親が迎えにくるのにどれくらいの時間を要するのかを把握するためだと思われます。

趣旨は理解出来るのですが、この残暑厳しい季節の真昼間に長時間歩くのは辛すぎます。

職場から家まで歩いたことはありませんが、おそらく3時間以上はかかるでしょう。

これでは避難訓練に参加する前に、東京砂漠で遭難する可能性すらあります。

避難訓練への参加を断念

残念ながら避難訓練の日に有給休暇が取れなさそうなので僕は参加することは出来なくなりました。

決して歩くのが嫌だから、意図的に有給休暇を取らなかった訳ではないことを僕の名誉のために強調しておきます。

ちなみに、徒歩で行くのが無理なら徒歩でなくてもいいそうです。

殆どの人が無理だと思うぞ。

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

コメント

  1. 徒歩なんて絶対無理ですがな、、、

    マルセイバターサンドがどのくらい甘いか僕は知らないですが。

    日本は地震国家ですよね。
    日本を含めた環太平洋エリアで世界の地震の8割が起きていたと思います。
    これもあるので僕は賃貸で過ごす事にきめました。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    僕も賃貸なのですが、その理由の一つが地震の危険性です。

    何千万円もかけて購入した家が使い物にならなくなると立ち直れない気がします。