DCプランナー2級を受験しました。やっぱり過去問対策は重要だ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PPW_ookinarikugame-thumb-1000xauto-13248

以前に宣言したとおり、2016年9月11日(日)にDCプランナー2級を受験しました。

DCプランナー2級の試験に申し込み完了。確定拠出年金に関する基礎知識を確かめるのだ。
暑い日が続きますね。 早くも夏バテ気味です。 もはや東京の暑さは人間の活動限界を超えています。 都知事選で7月8月...

ポケモンGOにはまり過ぎて全く勉強せず

上記の宣言の直後にポケモンGOが配信され軽い気持ちで始めました。

ところが、思いのほかハマってしまい自由時間の殆どをポケモンGOで使ったため、試験日の2週間前まで1秒たりとも勉強していないという状況でした。

というか受験票が送られてくるまで、いつ試験があるかすっかり忘れていました。

流石にこのままでは受験する意味がないと思いましたので、直前の2週間はしっかりと勉強しました。

受験対策の基本は過去問分析

本来は合格するだけでなく知識の再確認のために網羅的に勉強しようと思っていましたが、自らの怠慢により、網羅的に勉強する時間がなくなったため、作戦を変更し試験に合格することを重要視して勉強することにしました。

受験対策の基本はなんといっても過去問分析です。

まずは、過去問を3年分解いて自分なりの傾向と対策を考えました。

ちなみに使った問題集は以下のものですが、過去問が載っていればどれでも大差はないと思います。

DCプランナー2級合格対策問題集〈2016年度版〉

新品価格
¥2,700から
(2016/9/12 14:28時点)

過去問を解いた結果、解ったことは以下のとおりです(個人の感想です)。

繰り返し同じような問題が出題されている。

全体的に同じような問題が繰り返し出題される傾向があるのですが、特に計算問題については数字を変えただけで殆ど同じような問題が出題される傾向があるので、過去に出題された計算問題を解けるようにしておくことは重要です。

出題分野により難易度に差がある。

試験の出題分野は以下のとおりです。

A. わが国の年金制度・退職給付制度

B. 確定拠出年金制度

C. 投資に関する知識

D. ライフプランニングとリタイアメントプランニング

この出題分野により難易度に大きな差があるのです。

「A. わが国の年金制度・退職給付制度」は最も難しい分野です。出題範囲も広く細かい制度を問う問題も多いため、この分野で高得点を狙うのは難しいです。

B. 確定拠出年金制度」は、対策次第で高得点を狙える分野です。細かい制度も出題されますが、制度設計が比較的単純であり、出題範囲も狭いため、対策をすれば十分に高得点を狙えます。

「C. 投資に関する知識」「D. ライフプランニングとリタイアメントプランニング」は、合格するためには、高得点を狙うべき分野です。この分野は、特に繰り返し同じような問題が出されているため、対策をすれば高得点をとれる可能性が高いです。

分析に従って勉強した結果

勉強を始めた当初は、「A. わが国の年金制度・退職給付制度」は過去問を解いても殆ど解らないという状態でした。

一方、「B. 確定拠出年金制度」「C. 投資に関する知識」「D. ライフプランニングとリタイアメントプランニング」については、このブログのテーマと重なる部分であり、以前から興味がある分野であったため、初めからある程度は正解できる状態でした。

そのため、「A. わが国の年金制度・退職給付制度」を繰り返し勉強しつつ、その他の分野は間違えた個所を中心に勉強しました。

そして、ある程度は仕上げられた段階で試験日を迎えました。

DCプランナー2級は、試験日の17時30分以降に模範解答がホームページに掲載されるため、自己採点してみました。

自己採点の結果は、全45問中43問正解で95点でした。

マークシートに転記ミスさえしていなければ合格です。

やや出来過ぎですが、対策が奉公したと考えておきます。

DCプランナー1級を受験するか

DCプランナーは1級があるため、2級に合格後は1級を受験することが考えられますが、ちょっと躊躇してしまいます。

その理由は、1級には2級になかった記述式試験があることです。

合格レベルの答案を書けるかどうか以前に、2時間も文字を書き続けられる自信がありません。

1級の試験は来年の1月にあるので暫く受験するか考えたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事