DCプランナー2級の試験に申し込み完了。確定拠出年金に関する基礎知識を確かめるのだ。

MIYADSC_3332_TP_V

暑い日が続きますね。

早くも夏バテ気味です。

もはや東京の暑さは人間の活動限界を超えています。

都知事選で7月8月は東京都の全ての学校・企業等を休みにするという公約を掲げる候補者がいれば、ぶっちぎりで当選しそうな気がします。

DCプランナーの2級を受験します!

最近は夏バテと子供の夏風邪の看病で疲弊しており、なにごとにも気力がでませんし、頭を使うことが殆どないので、日に日に馬鹿になっているような気がします。

さすがにこのままではいけないと思いちょっとした目標を持つことにしました。

その目標というのが、「DCプランナーの2級」です。

当初はFP(ファイナンシャル・プランニング技能検定)を受験しようかと考えたのですが、確定拠出年金法案が改正されて、加入資格が大幅に拡大されたこともあり、確定拠出年金が今年のトピックなので、DCプランナーを受験することにしました。

確定拠出年金法等の一部を改正する法律案が可決!個人型の重要な変更点を解説します。
本日ついに、確定拠出年金法等の一部を改正する法律案が衆議院本会議で可決、成立しました。 この改正により、2017年1月...

DCプランナー2級の試験の概要

出題形式・試験時間

四答択一式・問題45問程度(マークシート形式) 150分

受験資格

どなたでも受験できます
(制限はありません)

合格基準

100点満点で70点以上

合格率
 2013年(第19回)2014年(第20回)2015年(第21回)
受験者数1,775人1,656人1,837人
合格者数1,011人1,038人1,195人
合格率57.0%62.7%65.1%
出題範囲

・わが国の年金制度・退職給付制度

・確定拠出年金制度

・投資に関する知識

・ライフプランニングとリタイアメントプランニング

詳細を見たい方は以下の公式サイトを参照ください。

平成13年12月15日制定このガイドラインは、DCプランナー認定者が確定拠出年金制度の円滑な普及に資するために必要とされる専門知識・スキル等の体系・水準を示すものです。このガイドラインは、&

DCプランナーは意外と出題範囲が広い

DCプランナーという名称からは、DC(確定拠出年金)に関することだけを対象としている印象があると思います。

しかし、実際の出題範囲には上記のように、確定拠出年金に加えて他の年金制度や投資・ライフプランニングと多岐に渡っています。

そのため、DCプランナー2級は、年金制度や投資に関して基礎的な知識の定着や確認をするのに適した試験と言えると思います。

合格率も60%前後で、難し過ぎずることもないですし、かといって簡単過ぎることもない程よいレベルと考えます。

合格だけでなく知識の再確認を重視

テキストをパラパラと見たのですが、正直に言って殆どはなんとなく知っている内容なので、合格すること自体はさほど難しくはないと思います。

テキストと問題集を2回くらい回せば余裕で合格できると思います。

(自分にプレッシャーかけてますw)

ただし、合格はあくまで最低限の目標なので、今まで得た知識の再確認を重視してコツコツやっていきたいと思います。

個人的には、最近の一番の課題は体重の増加なので、「ポケモンGO」の配信が開始されたら「ポケモンGO」ダイエットでも始めようと考えてます。

でも、ポケモンに全く興味がなくピカチュウ位しか知らないのでそれでも楽しめるか気になるところですw

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事