【個人型確定拠出年金(iDeCo)】2017年2月末の資産額(積立開始から22ヶ月経過)。

アニメの放映が終了して2ヶ月以上経つのに嫁の「ユーリ!!!on ICE」熱は高まるばかりです。

DVDは当然のように全巻集めるみたいですし、CDは超ヘビーローテーションで2歳の息子が覚えてしまうぐらいです。

そして、3月3日(金)には遂にリアルのイベントに行くそうです。

中野サンプラザで「ユーリ!!! on ICE ~フィギュアスケートを100倍楽しむ集中講義~」というイベントがあるのでこれに行くそうです。

講義内容は以下のとおりです。

ユーリ!!! on ICEの振付を担当された宮本賢二先生、プロフィギュアスケーター鈴木明子先生をお迎えし、
今更聞けないフィギュアの基礎知識や舞台裏、ユーリ!!! on ICEのリアルさまで
講義していただく予定です。
久保ミツロウさん、出演声優の皆さんと共に
奥深いフィギュアスケートの世界を学びましょう♪

公式websiteより

正直に言うと私もこのイベントに行きたいと思ってしまいました。

もしかしたら嫁の影響で私もオタクの道を歩み始めてしまったのかもしれません。。。

実際には息子のお世話をする必要があるので私は留守番ですが、嫁には思う存分楽しんできて貰いたいです。

2017年2月の資産額

嫁の個人型確定拠出年金の2017年2月時点の資産額が反映されましたので公開します。

嫁は個人型確定拠出年金口座を2015年4月にSBI証券に開設し、毎月23,000円拠出しています。

2017年2月の資産額                  単位:円
運用商品名取得価額評価額評価差額損益率
EXE-i 新興国株式266,252297,985
+ 31,733+ 11.9%
DCニッセイ外国株式インデックス225,414253,521+ 28,107+ 12.5%
合計491,666551,506+ 59,840+ 12.2%

怖いくらいにアメリカの株価が上がっているので資産も順調に増えています。

将来の株価がどうなるかは私には解らないので、今後も個人型確定拠出年金(iDeCo)でひたすら毎月の積立をしていきたいと思います。

個人型確定拠出年金は税制上のメリットが非常に大きい

個人型確定拠出年金は、税制上のメリットが非常に大きいため、加入資格がある場合には加入を検討する価値があると思います。

個人型確定拠出年金(401k)の税制上のメリット
今回は個人型確定拠出年金に加入するメリットのうち最も重要な、税制上の優遇措置について書きたいと思います。 この税制上の...

個人型確定拠出年金口座は、金融機関によって手数料と運用商品のラインナップが異なるので、金融機関の選択が非常に重要になります。

個人的に現時点のおすすめの金融機関は楽天証券とSBI証券です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関は楽天証券とSBI証券だ!
先日もお伝えしましたが、楽天証券が個人型確定拠出年金に参入しました。 また、SBI証券が新規加入キャンペーンを実施し、...

ではでは。