【個人型確定拠出年金(iDeCo)】2017年1月の資産額(積立開始から21ヶ月経過)。遂に資産額50万円到達しました!

ELL88_ashirusansuya14142028_TP_V

最近2歳の息子がイヤイヤ期に入ったようです。

少しでも気に入らないことがあると大暴動が起きてしまいます。

嚙みつきや頭突きは本気で痛いです。

普段は私に似てすごくかわいいのに困ったものです。

2017年1月の資産額

嫁の個人型確定拠出年金の2017年1月時点の資産額が反映されましたので公開します。

嫁は個人型確定拠出年金口座を2015年4月にSBI証券に開設し、毎月23,000円拠出しています。

2017年1月の資産額                  単位:円
運用商品名取得価額評価額評価差額損益率
EXE-i 新興国株式266,252292,676+ 26,424+ 9.9%
DCニッセイ外国株式インデックス202,581226,503+ 23,922+ 11.8%
合計468,833519,179+ 50,346+ 10.7%

遂に資産残高が50万円を突破しました。

これで、SBI証券に支払う手数料が無料になります。

手数料は毎月300円と一見少額です。

しかし、毎月の拠出額23,000円に占める比率は1.3%にもなってしまいます。

投資のリターンで1.3%を得るのは結構難しいです。

これからは購入するごとに1.3%の手数料が掛かっていたのが無料になるので、投資額がその分増えて確実にリターンが向上します。

手数料を笑うものは手数料に泣くのです。

個人型確定拠出年金は税制上のメリットが非常に大きい

個人型確定拠出年金は、税制上のメリットが非常に大きいため、加入資格がある場合には加入を検討する価値があると思います。

個人型確定拠出年金(401k)の税制上のメリット
今回は個人型確定拠出年金に加入するメリットのうち最も重要な、税制上の優遇措置について書きたいと思います。 この税制上の...

個人型確定拠出年金口座は、金融機関によって手数料と運用商品のラインナップが異なるので、金融機関の選択が非常に重要になります。

個人的に現時点のおすすめの金融機関は楽天証券とSBI証券です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関は楽天証券とSBI証券だ!
先日もお伝えしましたが、楽天証券が個人型確定拠出年金に参入しました。 また、SBI証券が新規加入キャンペーンを実施し、...

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事