【個人型確定拠出年金(iDeCo)】2016年12月の資産額(積立開始から20ヶ月経過)。DCプランナー1級は難しい。。。

dscf9654_tp_v

前にも書きましたが、私は2017年1月22日(日)にDCプランナー1級を受験します。

DCプランナー1級を受験します。確定拠出年金に関する専門的な知識を深めたい!
2016年9月11日(日)にDCプランナー2級を受験し、見事に合格することが出来ました。 DCプランナー2級に合格する...

年が明けたころから勉強を開始したのですが、現在のところ相当進捗が悪いです。

択一式の基礎問題はあまり難しくはないですが、記述式の応用問題は全く手も足も出ない問題も少なくありません。

合格できるかかなり微妙ですが最後まで足掻いて受験したいと思います。

2016年12月の資産額

嫁の個人型確定拠出年金の2016年12月時点の資産額が反映されましたので公開します。

嫁は個人型確定拠出年金口座を2015年4月にSBI証券に開設し、毎月23,000円拠出しています。

2016年12月の資産額                  単位:円
運用商品名取得価額評価額評価差額損益率
EXE-i 新興国株式266,252284,215+ 17,963+ 6.7%
DCニッセイ外国株式インデックス180,072204,401+ 24,329+ 13.5%
合計446,324488,616+ 42,292+ 9.5%

SBI証券では、資産残高が50万円以上になると金融機関に支払う手数料が無料になるので、なるべく早く資産残高を50万円以上にすることが重要です。

2016年12月末の資産残高は48.8万円となり50万円まであと一歩のところまで来ました。

順調にいけば来月にも50万円に到達できそうです。

個人型確定拠出年金は税制上のメリットが非常に大きい

個人型確定拠出年金は、税制上のメリットが非常に大きいため、加入資格がある場合には加入を検討する価値があると思います。

個人型確定拠出年金(401k)の税制上のメリット
今回は個人型確定拠出年金に加入するメリットのうち最も重要な、税制上の優遇措置について書きたいと思います。 この税制上の...

個人型確定拠出年金口座は、金融機関によって手数料と運用商品のラインナップが異なるので、金融機関の選択が非常に重要になります。

個人的に現時点のおすすめの金融機関は楽天証券とSBI証券です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関は楽天証券とSBI証券だ!
先日もお伝えしましたが、楽天証券が個人型確定拠出年金に参入しました。 また、SBI証券が新規加入キャンペーンを実施し、...

ではでは。