【個人型確定拠出年金(iDeCo)】2016年9月の資産額(積立開始から17ヶ月経過)。DCニッセイ外国株式インデックスを毎月積立してます

bsPPW_hurikaerumi-acat

僕の嫁は重度の腐女子で、無類のBL好きです。

「No BL  No Life」だそうです。

以前は黒子のバスケにはまっていたのですが、最近は刀剣乱舞がお気に入りのようです。

先日も新宿のアニメイトに薬研藤四郎(やげんとうしろう)様のパネルがあるから癒されに行くと言って、出かけて行ってしまいました。

好きなことがあるのは基本的に良いことだと思いますので、ほどほどに楽しんで頂ければと思います。

2016年9月の資産額

嫁の個人型確定拠出年金の2016年9月時点の資産額が反映されましたので公開します。

嫁は個人型確定拠出年金口座を2015年4月にSBI証券に開設し、毎月23,000円拠出しています。

2016年9月の資産額                  単位:円
運用商品名取得価額評価額評価差額損益率
EXE-i 新興国株式266,252256,039△ 10,213△ 3.8%
DCニッセイ外国株式インデックス112,545110,991△ 1,554 △ 1.4%
合計378,797367,030
△ 11,767△ 3.1%

ここ数ヶ月で個人型確定拠出年金に関して、楽天証券の参入やSBI証券のラインナップ拡充等の良いニュースが相次いでいます。

個人的には、個人型確定拠出年金はあまり儲からないため。金融機関のサービス競争が激化するとは考えていませんでしたので良い意味で期待を裏切られました。

それにしても、自分の先見の明のなさには呆れるばかりです。

やはり、個別株には手を出さずにおとなしくインデックス投資をしといた方がよさそうです。

個人型確定拠出年金は税制上のメリットが非常に大きい

個人型確定拠出年金は、税制上のメリットが非常に大きいため、加入資格がある場合には加入を検討する価値があると思います。

個人型確定拠出年金(401k)の税制上のメリット
今回は個人型確定拠出年金に加入するメリットのうち最も重要な、税制上の優遇措置について書きたいと思います。 この税制上の...

個人型確定拠出年金口座は、金融機関によって手数料と運用商品のラインナップが異なるので、金融機関の選択が非常に重要になります。

個人的に現時点のおすすめの金融機関は楽天証券とSBI証券です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ金融機関は楽天証券とSBI証券だ!
先日もお伝えしましたが、楽天証券が個人型確定拠出年金に参入しました。 また、SBI証券が新規加入キャンペーンを実施し、...

ではでは。