【個人型確定拠出年金】2016年7月の資産額。 早く金融機関手数料を無料にしたい

ISHI_hansamupen_TP_V

遂にリオオリンピックが始まりました。

サッカーから始まったのですが、日本は試合開始当日に現地入りしたナイジェリアに5失点を喫して完敗してしまいました。

結果は5対4と1点差だったのですが、試合内容やナイジェリアのコンディションを考えると完敗と言うしかありません。

全体的に悪かったのですが、藤春・塩谷にオーバーエージ組が足を引っ張ってしまったのが痛かったです。

それにしても、アフリカ勢の現地入り遅延はもはや恒例行事となっていますが、流石に試合当日に5時間のフライトをしての現地入りは前代未聞です。

それでも結果を残すところは逞しいとしか言いようがありません。

日本人とは精神的・体力的なタフさが違いすぎます。

2016年7月の資産額

嫁の個人型確定拠出年金の2016年7月時点の資産額が反映されましたので公開します。

2016年7月の資産額                  単位:円
運用商品名取得価額評価額評価差額損益率
EXE-i 新興国株式266,252256,786△ 9,466△ 3.6%
DCニッセイ外国株式インデックス67,52768,1075800.9%
合計333,779333,779
△ 8,886△ 2.7%

やはり、月額2.3万円の積立だとなかなか増えないですね。

SBI証券では資産額50万円以上になると金融機関手数料が無料になるので早く資産額を50万円以上にしたいのですが、あと半年くらいはかかってしまいそうです。

金融機関手数料は月額僅か324円ですが、月額2.3万円の積立に占める比率は約1.4%にもなってしまいます。

これだけの比率の手数料が毎月かかるかどうかは、投資のパフォーマンスにそれなりに影響を及ぼすので早く資産額を50万円以上にしたいのです。

個人型確定拠出年金は税制上のメリットが非常に大きい

個人型確定拠出年金は、税制上のメリットが非常に大きいため、加入資格がある場合には加入を検討する価値があると思います。

個人型確定拠出年金(401k)の税制上のメリット
今回は個人型確定拠出年金に加入するメリットのうち最も重要な、税制上の優遇措置について書きたいと思います。 この税制上の...

個人型確定拠出年金口座は、金融機関によって手数料と運用商品のラインナップが異なるので、金融機関の選択が非常に重要になります。

個人的に現時点のおすすめの金融機関はSBI証券です。

個人型確定拠出年金(401k)のおすすめ金融機関はSBI証券だ!(2016年5月版)
昨日ついに、確定拠出年金法等の一部を改正する法律案が衆議院本会議で可決、成立しました。 この改正により、大部分の現役世...

また、楽天証券が2016年9月に個人型確定拠出年金に参入することを表明しています。

まだ、商品のラインナップが明らかではないのですが、内容によっては今後は楽天証券がおすすめとなる可能性があります。

楽天証券が個人型確定拠出年金(DC)に参入! 口座管理手数料無料プログラムを実施!!
キタ――(゚∀゚)――!! 嬉しいニュースが入ってきました。 あの楽天証券が遂に2016年9月下旬を目途に個人型確定拠出...

ではでは。

コメント

  1. お久しぶりです。
    そういえば僕もSBI証券の投信マイレージをポイント倍付け条件の1千万以上の保有にするのに焦った記憶があります。
    毎月の積立じゃとても届かない金額だったので保有リバランスを機にSBIに集中させて一気に1千万以上にした記憶があります。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    確定拠出年金だと資金の集中も出来ないのでコツコツ積立て行きます。