【個人型確定拠出年金】2016年2月の資産額。損益率マイナス14.5%!

bskazu88_sakanakun

民主党と維新の党が合流するらしいですね。

そして、合流後の党名を一般から募集するそうです。

どうやら、民主の党名を残すか否かで揉めた末にまとまらないので公募にしたということのようです。

個人的には、民主党と維新の党の合流に期待はしていませんが、せめて自分たちの党名くらいは決めてくれと思います。

自分たちの党名すら内部の話し合いで決められない党が、自民党の対抗勢力になれるはずがありません。

多くの有権者は、自民党に全面的に賛成という訳ではなく、他にまともな政党がないから消去法で自民党に投票しているにすぎません。

自民党の批判をするよりも、より良い政策を打ち出す方が建設的だと思いますがそんなことは無理なのでしょうね。

生産的な活動は期待しないので、せめて確定拠出年金法の改正案の成立だけは邪魔しないで下さい。

2016年2月の資産額

嫁の個人型確定拠出年金の2016年2月時点の資産額が反映されましたので公開します。

2016年2月の資産額                  単位:円
運用商品名取得価額評価額評価差額損益率
EXE-i 新興国株式221,234189,142.00△32,092△ 14.5%

個人型確定拠出年金口座では、新興国株式クラスへの集中投資しています。

損益率は過去最低の△14.5%となりました。

中途半端なマイナスで低空飛行を続けるよりも、どうせ下がるなら思いっきり下がって欲しいですが、2月末から3月初めにかけてかなり戻してしまいました。

ただし、アメリカの雇用統計が予想を大きく上回っているので、早期の利上げ観測が浮上することにより、今後は新興国株式が大幅に下落する可能性も考えられます。

いずれにしても、将来の株価の動向は分からないので毎月の積立を継続するのみです。

個人型確定拠出年金は税制上のメリットが非常に大きい

個人型確定拠出年金は、税制上のメリットが非常に大きいため、加入資格がある場合には加入を検討する価値があると思います。

個人型確定拠出年金(401k)の税制上のメリット
今回は個人型確定拠出年金に加入するメリットのうち最も重要な、税制上の優遇措置について書きたいと思います。 この税制上の...
個人型確定拠出年金(401k)の加入資格が変わります
以前にも書きましたが、2017年に個人型確定拠出年金の加入資格が大幅に拡大される予定です。 今回は加入資格が大幅に拡大...

個人型確定拠出年金口座は、金融機関によって手数料と運用商品のラインナップが異なるので、金融機関の選択が非常に重要になります。

個人的におすすめの金融機関は、SBI証券・野村證券・スルガ銀行です。

個人型確定拠出年金(401k)のおすすめ金融機関はこれだ!
個人型確定拠出年金には、様々なメリットがあることは以前紹介しました。 メリットとデメリットの内容を考慮して、加入を決め...

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事

コメント

  1. ほんと日本にまともな野党がいないことが不幸ですね。
    自民党なんて特に応援はしてませんが、民主党時代が暗すぎた。。。

  2. ファルコン男爵 より:

    >招き猫の右手さん

    ほんとに民主党政権の時代が酷すぎたので自民党の一強になってしまいました。

    自民党の一強はあまり好ましくはないのですが、他が酷すぎて選択肢がないのが寂しい限りです。