太陽光発電設備の工事が開始されました!順調に行けば3月中に完成予定です。

以前にも書きましたが、2016年11月に太陽光発電の契約を締結しました。

チャリンチャリン投資。太陽光発電投資始めました!
僕は2007年8月にインデックス投信積立で投資を始めて以来、毎月の積立を現在も継続しています(2016年10月時点で、積立開始から1...

先日、遂に太陽光発電施設の工事が始まりましたのでご報告します。

農地転用は残高証明に要注意

私が太陽光発電設備を建設するために借りる土地は、地目が「農地」となっていました。

地目とは、もの凄く簡単に言えば土地の用途による区分です。

地目が「農地」となっていると太陽光発電設備を建設することが出来ないので、地目変更を行う必要があります。

地目を変更するためには各地の農業委員会に様々な書類を提出する必要があるのですが、その手続きは行政書士が代行してくれるのでこちらで行うことは殆どありません。

私が行ったことといえば、農業委員会に提出する誓約書(申請した目的どおりに使います。周りに迷惑はかけません等)と残高証明書を提出したぐらいです。

なぜ残高証明書を提出するのかというと、申請した目的(太陽光発電)を行うだけの資力があることを確認するためです。

ただし、この残高証明書は銀行が発行する正式な残高証明書である必要はなく、通帳のコピーやネット銀行の画面をプリントアウトしたものでも良いそうです。

私は、ネット銀行の画面をプリントアウトしたものを提出したのですが、名前・口座番号・金額が一つの画面に収まっていなかったので、残高証明書を再提出を求められてしまいました。

結局、農業委員会の要望に応えるために上記条件を満たす口座に預金を移し再提出しました。

今後、農業委員会に残高証明書を提出する人は、この点は注意した方がいいかもしれません。

(ただし、農業委員会によって取り扱いが異なる可能性があります。)

太陽光発電設備の工事開始!

そんなこんなで農地転用が無事終わり、工事が開始されたと販売業者から連絡がありました。

写真をみると雑草が綺麗に刈られています。

私が見に行って時は、かなり雑草が生い茂っていたので雑草がない状態の用地を見るのはこれが初めてです。

改めて見ても周りから少し高くなっている日当たりの良い太陽光発電の適地だと思います。

順調に行けば3月中に完成する予定です、今から完成が楽しみです。

完成したら見に行きたいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク
レクダングル(大)
レクダングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事