2016年5月末の資産額(積立開始から106ヶ月経過) 過去最高額を更新出来ないまま1年経過

-shared-img-thumb-N784_roukadesensuomotuokami_TP_V

消費税増税が2019年10月に再延期されました。

景気に配慮しての決断ですが、今の状況で増税出来なければ今後も増税するのは困難な気がします。

それにしても消費税が少しだけ上がるかどうかで大騒ぎするのに、社会保険料が結構大幅に上がっているのことに多くの人が無関心なのが不思議です。

いっそのこと消費税を5%に戻して、こっそり社会保険料を上げた方が受け入れられるのかもしれません。

2016年5月の資産額

さて、2016年5月末時点の資産額の集計が終わりましたので公開します。

投資は、全額インデックスの投資信託で行っております。

2016年5月末の資産額
アセットクラス時価(円)割合
先進国株式12,639,10128.3%
新興国株式5,570,50712.5%
国内株式2,129,0554.8%
海外リート2,664,3896.0%
先進国債券3,307,6887.4%
国内債券18,321,29641.0%
合計44,632,036100%
トータルリターン
 金額(円)
設定来+ 9,369,281+ 18.17%
2016年△ 775,438△ 1.46%

2016年5月末の資産額は 4463万円となり前月末比+46万円となりました。

これで、1年前の2015年5月末に資産額4516万円の過去最高額を記録してから、1年間も過去最高額を更新していないことになります。

これ程長い期間、過去最高額を更新出来なかったことは初めてです。

リーマンショックの時は、まだ資産額が少なく新規投資が占める比率が高かったため、1年以上も過去最高額を更新出来ないことはありませんでした。

ただし、1年間過去最高額を更新できないからといって、特に落ち込んだりしていません。

相場はコントロール出来ないので考えても仕方ないです。

自分でコントロール出来る毎月の積立を継続するだけです。

ではでは。